lagu(TA版)
 腐プレイヤーの旧&Rタルタロスプレイ日記

  スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  エンディング1感想
2012年 09月 16日 (日) 21:28 | 編集
来週、エンディング2の実装が確定したので書こうかと思います。
気になる方だけどうぞ。
画像数が半端ない為、重いかもしれません。

ツッコミだらけになってしまってますが、お気になさらず。
1sted-1.jpg
エルルコ抜きで太古の地に着いた遠征隊。
しかし、誰かがここの術法陣にアクセスしたっぽいので周辺を調べてくる
と言って、「神界行き組に一言声をかけた後、お得意の単独行動をで退場なロト様。
上の画像を撮ったのは私の趣味です。術法関連の動作が好きなんだ。

1sted-2.jpg
ピンコちゃんは「お見送りもなし~」くらいに寂しがってましたが、パルティオの
イリシアが凄く優しく声をかけてフォローしている辺りロト様の気持ちも汲み取って
いたんじゃないかと勝手に保管。

1sted-3.jpg
マナルスに向かう龍族ご一行。まさか、チャレにしか出ていないナイジェルもくるとは
利害一致で龍族と反神で組んでるとはねえ。
そして、テスベルとピナスとか懐かしい面々が。
キャリバーで王国軍大勝利ってありましたけど、ピナスは別行動でもとったんだろうか。

1sted-4.jpg
テスベル、むちむちたまりません。たくさん喋ってくれて嬉しい。
ピナスが、ヘラボスの目的をちゃんと教えてくれないマブロスにぶちキレそう
になってましたがテスベルが宥めて、一旦内輪揉めは終了。

1sted-5.jpg
私はてっきり、術法師の張った陣だからロト様がモドの位置に立つと思っていました。
術法とか魔法とかそっち方面に実力がある人なら誰でも道を開くのは可能なのでしょうか。
そして、治癒のオボロスを使ってしまってますけどいいのかと突っ込みたくなった。
画像の処理が出来なくて、本当は別のオボロスなのかもしれないと脳内保管しておく。
ビビちゃってるピンコちゃんに声をかけるモドに彼の優しさを感じましたね。
そして、ピンソマナギは神界へ。

1sted-6.jpg
モドの魔法の実力が高かったなのか、リリオペの領域に到着したので
敵の攻撃を受けずに先に進む3人。
神様も巨人族の呪いで自由には出来ないと語るソーマ。
流石のピンコも「ソーマは何者なの?」とツッコミが。

が、途中でナギ離脱。ソマはピンコを説得?して先に進むことに。
ここでのソマピンの話は難しい問題なので割愛。
そして、バルガスの領域に。バルガスを足止めするためにソーマ様、とうとう元の姿へ。
でかい、でかいよスペルノ様。

1sted-7_20120916212505.jpg
離れたナギちゃんは、なんだかんだあってやっとレピオス神の所へ到着。
そして、ナシプ族の存在の真意を聞くことに。
これは「ナシプ族が何なのか」という疑問の答えにはなるんですがナシプ族の救済
になるのか?と感じました。
好意的に、精神的な意味(宗教的と言えばいいのか)に考えれば救いにはなるのかなあ
と思う部分はあります。
何か、神サイドも人間サイドも友好的な人が多い感じに思えてしまいました。
それを色々思惑があった悪役的な人間?サイドが色々仕組んで神を退けたみたいな…
だとしたら、大元のタルタロス結界陣を作ったロト様って………実際、人間を
虐げていた神様ってバルガス以外にどんな神がいたんだろう。
(上の画像はクリックで原寸になります)

1sted-8.jpg
ナシプ族代表として、オボロスを合体?したレピオス神の特別な杖?
を託されて、ナシプ族の魂の回収係りを任命されるナギちゃん。

1sted-9.jpg
戻って、ピンコちゃんはロボがどうにかセイリスの意識を呼び戻してくれて感動の再会。
脱出、無事ナギと再会しもう少しで出口…

1sted-10.jpg
しかし、やっぱりこうなる。
子安さん、演技凄いよ、本人ノリノリだったのだろうか。
あの執着を見る辺り、「人間(ゴミ)だけど特別な感情を持ってる」のかなと
勘ぐってしまいますね。
それとも生命維持に使える人間は、女性の中でも選びぬかれた者しか駄目だから
本当にいなくなられるとマズイのかな。

1sted-11.jpg
そして、ロボが犠牲になり…父が…どうにか3人で帰還
が、そこには誰もいないって…どれくらいの時間が経過したんですか。
すぐにその場を立ち去っているのならどうかと思います。
ピンコはセイリスと村に帰還。ナギちゃんはナシプ救済の旅へ1人でって。
ナギちゃんがいるわけだし、セイリスの体調がある程度整うまで回復して
あげたりしたのかな…

ソーマはどうなったんですかあ…最後のエピローグ的なEDで語られるのでしょうか。
いや、されないと困りますけど。
そして、イベントで出されたお墓の1枚絵が、そうかピンコ父の墓とは。
しかし、安易に神経管を地中に埋めるのは危ないからどこかに隠しておくべきでは。

細かいところは突っ込んだらキリがありませんが、こんな感じですかね。

Comment
 この記事へのコメント
 コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
designed by polepole...
photo by すもも

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。