lagu(TA版)
 腐プレイヤーの旧&Rタルタロスプレイ日記

  スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  アルニカシナリオ感想
2011年 07月 18日 (月) 18:11 | 編集
アルニカシナリオ感想です。
色々、燃え過ぎて(萌え過ぎて)いつも以上にまとまってません。
冒頭、まさかの変態豚野郎な兄弟とオデロが登場。
シリアスな雰囲気が一気にギャグに。オデロはまだまだ登場するんだろうなあ…
とあるネタばれっぽいものを読んでしまってるし…(原作の)
バルマンさん単独でアナイス様のところへ。他の皆さんは修道院近くで野宿…
しかし、司祭のエルレナさんみたく修道院とか神職系のキャラって本当に厳格なキャラ
が多いですよね。
話を聞く限り、ローガンさんとかも神政時代はそれなりの力を行使できたみたいですね。
ペリアス神がいなくなったのに、あれだけ強かったルキウスさんとか相当の
使い手だったんだろう。
しかし、オボロスを大量に持ってることが殉神団にばれて襲撃うけまくり。


この時のナギちゃんの台詞がカッコイイなあ、いい方もいつもののほほ~ん
じゃなくて凛としてて…
このシナリオで「テラトス」という神様の兵器?が登場しますが病気のテラトス
半端ねえって感じ。イリシアさんはハッキリと影響が出ないと描写されてますが
ソーマはどうだったか覚えてない。
ナギちゃんがナシプ族なので影響受けないのと、彼女の治癒魔法は普通の魔法や術法の
治癒魔法とはまた違うみたいで特別のようです。

バルマンさんの方は病気のテラトスとタイマン勝負。
恐怖のテラトスとの戦闘経験ありみたいでしたけど、意外に修羅場を超くぐってるん
だなあと…いや、ただのいじられキャラっぽくなくなるので凄くいいです。
というか、本当に体張りまくりだよね。バルマンさん。
特に今回から無茶し過ぎてるとしか…ぼこぼこにされまくり…前衛タイプなのは
わかるが…なのに守りきれない、報われることが少ない(涙
実際、ここのシナリオ戦闘バルロト2人で1回失敗しました。毒がヤバイ。

殉神団サイドのコシルとビネタちゃんですが、ビネタちゃんは信心深いだけであって
人としてはいい人、コシルはあんまり団長にしてはカリスマ性がないよね(ボソッ
皆、いやいや従ってるというか…そして、ポリゴンの方がイケメンである。


何だかんだで、アナイス様ご登場ですが本当に幸薄そうな方で…
よくよく考えれば、バルマンさんより年上なんですかね?どうなんだろう。
モドさんが不器用で「早く治ってね」という言い方ができないと理解していて
普通に喋ってくれて、モドさんが微笑んだ時はビックリしたよ。

ポンス爆発
襲撃時に備えてオボロスを沈黙の回廊へ保管時の「ポンス爆発のお知らせ」
まさか本当に爆発するとはwww
スクショのタイミングが遅くて爆発した所が撮れなかった、残念。


そして、テミアンのご登場です。
ロト様のアリエル様バレはどんな風にするんだろうと思ってましたが彼が暴露するとは。
アルニカシナリオだと因縁つけまくりですね。


孤児設定キターと感じつつ、これ誤植なのかな?
これだとサリアルがロトの育て親みたく聞こえるが全然違うし、何でこんな翻訳になったのか
あと未だにサリアルとサリエルって同じ人なのか誤植なのかはっきりしない…
ネタ元になる天使名で存在するのはサリエルだけなんだよなあ。


護衛きたーっ、トレントで探しまわった防具が役立つ時。
イザンとかテミアンが雑魚的の相手をしてくれたので楽だった。
ここで、テミアンが「間に合わないからそこどけ」ってことになって
抵抗なしで体を張るバルマンさん、男前過ぎるだろ。甘いとも言えるけどさ。


今回のシナリオはアナイス様は…ということだけは分かりましたがwww
経過は全く想像がつかず、アナイス様が絶望して殉神団入りしてるとは思いつかなった。
騎士団も民にも裏切られたと思っていたのに、バルマンさん(+ランドス)が
必死こいて治癒の石探し出してきてくれて、それだけで救われたとか…本当に幸薄過ぎる…
自分が生き残っちゃうと、裏切りの烙印でバルマンさんが下手すれば死んでしまうから
1番てっとり早い方法が、自分が死ねばバルマンさんを烙印から解放できるとか。


そんでもって、審判の要塞を仮封印するよってことで再度術法陣を張るロト様。
発動しちゃいそうなハモスの槍。
術法陣を張る時は完全に外の世界からシャットダウン状態になるとのことで。
一緒にパルティオの性能に関して若干ふれられましたが、契約した術法師と意思疎通
が可能だと言ううこと。術法陣の張る際はパルティオがいれば、自分の状況下の
確認も可能ということですかね。なので、ロト様は全く今の状況がわからんと
いううこと。

前に出るバルマンさん、騎士道とかのレベルじゃない。
…イザンやアンジェリナの中でバルマンさんへ信頼度が更に上がったと思う。
でも、一般論だとテミアンの意見が普通な気がしなくもない(苦笑
モドさんの幻術の魔法陣も成功。詳細な説明はないけど、術法と魔法の
合わせ技って簡単に出来ることなのかなとふと思いました。
原理が理解出来ても、かなり高度なことだったりしたらロト様、本当にハイスペック過ぎ
対応した幻術の魔法陣を張れたモドさんもハイスペック過ぎ。

結局、アナイス様は皆を守る為死亡。思った以上に大人対応のバルマンさん。
緊急事態ということもあるんだと思いますが、なだれ込むように帳幕シナリオへ。
おそらく、ここから帳幕のシナリオって半日も経過していない感じ?
怒涛の展開過ぎた。

Comment
 この記事へのコメント
 コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
designed by polepole...
photo by すもも

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。